芸術家支援事業
事業内容

「心地よく」私たちを癒し、異次元へ誘ってくれる芸術作品は、その作家の創造力と作品に込めた魂に接したときに、自らの感性にも気付かされます。
今こそ、純粋に芸術に立ち向かう作家を支援しなければと考え、ささやかながらサイトを立ち上げました。プロとして活躍中の方、深く長い眠りから這い上がって自己実現を目指す方…多彩な芸術家とその作品をご紹介する中でこの事業がどのように進化していくのか…育ってくれますように願っています。

作家紹介
山越阿弥陀如来図
柳原 朗月 やなぎはら ろうげつ

仏画は「心と魂の道具」であり、よく描かれた仏画は人の心の清らかな部分を呼び覚まします。仏画に出会った方々の心が少しでも穏やかに楽しい気持ちにさせられますように…と柳原さんは、今日も作品に向かっています。

詳しくはこちら
暗闇の牛
鈴木 友哉 すずき ともや

ともや君は、深く長い眠りから今まさに目覚めようと、一歩ずつの歩みを始めました。以前から彼の作品に頻繁に出てくる「刀」の鋭さと輝きが目立たなくなり、主人公が引き立つ絵に変化してきたように感じます。

詳しくはこちら
八寸鉢
岩崎 史子 いわさき ふみこ

装飾的・主観的な器が氾濫する中で、彼女は、生花の主役は花、食卓の主役は料理と考え、あくまでも引き立て役として使いやすい「器」をコンセプトに作品製作に打ち込んでいるのです。

詳しくはこちら
山越阿弥陀如来図
いとい あかね ITOI AKANE

テキスタイル造形アート作家として活躍中のいといさんは、京都生まれの京都育ち、20年以上友禅のお仕事を経験され、38歳から独自の作品制作を始めました。

詳しくはこちら
著作権その他の知的財産権
1. 本サイト上の文書や画像等の各ファイル及びその内容に関する著作権その他の権利は、弊社または本サイトの登録作家に帰属します。
2. ユーザーは、弊社や作品を投稿したアーティストの著作権その他の権利を侵害する行為を行った場合、弊社や作品を投稿したアーティストに対し、一切の損害を賠償する責任を負います。
3. ユーザーは、本規定に違反して、本サイトの登録作家、ほかのユーザーまたは第三者との間で著作権その他の権利に関する紛争が生じた場合、自己の責任と費用により紛争を解決する責任を負い、弊社やその他メンバーに何らの迷惑または損害を与えないものとします。