作家
鈴木 友哉 すずき ともや
アニメ・イラスト 作家
日展洋画の作家を祖父に持つ僕が、真剣に絵の世界に踏み込んだのは、府立高校卒業間際でした。油絵よりもアニメーションに興味を抱いていたので松本零士の教える宝塚造形芸大へ片道約2時間かけて通学しました。自室の机の上で描いていたのと違い、人間を含めたすべての物のデッサンから初めた大学の経験が、今も僕の作品の裏打ちになっています。
所在地 京都府木津川市

黄金の兎

イベント・作品発表会等 情報

作品のご案内

2012.10.12 お助け致す 作品を構想するとき、登場人物個々の価値観のぶつかり、その主張間の摩擦、それが小さな組織体から国家間の緊張、対立へ…そして、コミュニケーションを通じての融和へと、作品の流れにも同じ時間を要します。
頭の中に次々に浮かんでくる画像を、紙媒体に描写する中で想いを記録したいと考えています。人の心が戦争と平和のどちらも引き起こすと言うテーマは、これからも取り組みたいと思っています。

お助け致す

2012.10.12 我こそはパンダさん 花一輪の美しさを際立たせるフォルムにこだわりました…すぼまった口とふくよかな胴は小さな花より可憐に、大きな花は、より華やかに見せることができるのです。

我こそはパンダさん

2012.10.12 ストレスも出せたらいいなゴミの日に これは日常の僕をモチーフにしたのですが、長く、ホントに長く深く僕の心と身体に溜まるゴミのようなモノは、なかなか拭えない、辛く重いストレスを身体から放出できたら!!少しは楽になるのに…僕の小宇宙で、かいがいしく働く生みの母の営みを助けるべく、ゴミ出しだけは今も続けているのです。

ストレスも出せたらいいなゴミの日に

近年の主な活動